素朴な疑問!引越しに方位や契約日などは影響するの?

なんらかの行動を起こすとき、縁起を担ぐ人も少なくありません。
たとえば、結婚式の日に「大安」を選ぶことはよく知られています。
そのため、大安が休日と重なると、結婚式場の予約が取りにくいことはよくある話です。

引越しをするときも、同じような傾向がみられます。
こちらも「六曜」(大安、仏滅など)や土日祝日などの影響が避けられません。
また、引越し業界の繁忙期(3~4月)や閑散期(5~2月)との兼ね合いがある点に注目されます。
特に、繁忙期の土日祝日は、引越しが難しいことを知っておく必要性がでてきます。
引越し業者の選定(http://www.gilgamesh-online.com/)も早めに行う必要があるでしょう。

新居を探すときは、家族の人数や年齢、将来的な家族の増減など、先のことまで意識する場合もでてきます。
特に、住宅を購入する人は、リフォームのしやすさも念頭に入れておくと、そのときが訪れたときに助かるのではないでしょうか。

住宅探しに際しては、いまの住居からどの方位にあるのか気になるかもしれません。
そのため、住まい探しをするときに方位から決める方法もあるようです。
また、方位だけでなく、「家相」による影響も見逃せないといわれています。
特にチェックすべき点として、出入り口と水場(キッチン、バス、トイレ)の位置が挙げられます。
しかし、すべてに完璧を求めることは難しいかもしれません。
特に、ワンルームの部屋はその構造からいっても納得できるでしょう。
 
その物件がある場所の雰囲気が大事になります。
日当たりがよいだけでなく、建物の管理が行き届いているかどうか、まわりの環境はどうかなど、総合的に判断しましょう。
極端に安い物件があるときは、なんらかの事情がある可能性が考えられます。
事故物件は「宅建業法」により告知義務がありますが、不動産業者からそのような情報提供を受けなかったときも確認することが大切です。

住宅の契約日や引越し日などを意識する人もいるといわれています。
これに関しては諸説があり、「物件の契約日」よりも「その物件と出会った日」のほうが大事との意見も見掛けます。

このように、住まい探しや住宅を建てるときの条件は人それぞれです。
また、いろいろと気になることも少なくありません。
昔からの言い伝えを無視することは難しいだけでなく、なにかが起きるのではないかと不安になるかもしれませんね。
もちろん、そのようなこだわりも必要ですが、そのうえで、自分たちが過ごしやすい家を選ぶことが大切ではないでしょうか。

希望する物件との出会いはタイミングも大事です。
もし、気に入った物件と出会ったときは、引越せるチャンスを逃さないことが大事かもしれませんね。
また、住宅の契約日も都合のよいときに行うとよいでしょう。

引っ越しの費用に秘められた可能性

引っ越しのサービスや特典はそのままに、費用を安くしたい。
単に安くしたいというだけなら、いっそのこと引っ越し業者を利用しないという手もある。
でも、もしも物損事故などがあった場合、知り合いに頼んでいたりしたら責めたくても責められない。
そうならないためにも、引っ越し業者を利用して引っ越しをするのが鉄則と言える。

引っ越しは業者に頼めば、大きな荷物は専門のスタッフが運び出してくれる。
段ボールに詰めた荷物も、嫌な顔せずに運び出してくれる。
そういう作業を自分で全てやろうとするのは、思っている以上に大変なことだ。
便利な引っ越し業者だけど、利用することでそれなりに費用が発生する。

引っ越しの費用を少しでも安くする方法として、ネットでの一括見積もりが人気だ。
これを使うことによって、各社の底値を狙うことが可能になる。
何社かの見積もりを取るのはもちろんのこと、要は比較をすることが重要ということ。
一社だけの見積もりでは、安いか高いかの区別も付きにくい。

逆に言うと、引っ越しの費用はそういう手間一つで劇的に安くなる可能性を秘めている。
それをするのかしないのか、たったそれだけの差で、引っ越し費用に大きく開きが出てきてしまうのだ。
一括見積もりを活用してみない手はないだろう。

引っ越しするのが単身赴任という場合

単身赴任が決まれば、引っ越し先を決めて引っ越しの予定をどんどん決めて行かないといけませんね。

引っ越しを終わらせておかないといけない日にちも決まっているでしょうし、業者への予約も終わらせておく必要もあります。

その時には一括見積サイトなどを使って一社一社に見積もりを取るのではなく、一回の依頼で複数の業者に依頼をすることができます。

こうすると見積もりを比較するのも容易になりますし、時間の節約にもなります。

簡単な入力作業をするだけで、業者の方から連絡が来ますので、最初の段階で料金の比較をして気になる業者に訪問見積もりを依頼すればいいのです。

単身赴任で引っ越しをするというのであれば、一括見積をする際に単身パックを取り扱っている業者を選ぶのがお勧めです。

単身パックでは決められた荷物の量にはなりますが、比較的安い金額で引っ越しをすることができるプランなので一人の荷物の量にはぴったりです。

荷物はスタッフが運んでくれますし、低価格で引っ越しをすることができるということを考えると自分で軽トラを借りてきて引っ越しをするよりも良いでしょう。

過剰サービスで必要以上のお金を払っていることもある?単身パックの業者選びは慎重に!

引っ越し業者や運送業者では1人暮らしの方の引っ越しやまとまった荷物の配送などに単身パックと呼ばれるパック料金の引っ越しプランを提供しています。
この単身パックは通常の引っ越し料金と比べると格安で利用が出来るので、人気となっていますが、注意しなければならない点もいくつかあります。
例えば、単身パックの中でも格安を謳い文句にサービスを提供している会社がありますが、実際、サービスの中身を見てみると、配送可能な量が段ボールで10個までなど極端に少ないケースがあります。
また、配送スケジュールも中2日以上必要であったり、時間指定が出来ないなど日程調整が難しいケースが少なくありません。
安易に格安という言葉につられてしまうと結果的に高くついてしまう事があるので注意をしましょう。
この様に単身パックの引っ越しで失敗をしないためにも複数のサイトをチェックして引越し費用の見積もりをして、料金相場や時間指定の不可、荷物の許容量などのサービス面をしっかりと確認しておくのが賢明と言えます。
サービス面は充実しているものの、実際、自分が求める引っ越しには過剰であったと言う事もあり得ます。
お得に単身パックを利用するためにも細部までチェックしていきましょう。

マンションを引っ越しする

明日、マンションを引っ越しします。
今日は、こちらのマンションの隣の方たちに引っ越しの挨拶にいきました。
私のお気に入りのオリーブ製品を持って挨拶に回りました。
正直ね、このオリーブの製品、高いんですよ。
みんなわかってくれるかな?なんて心配しながら挨拶に行きました。
今回、わざわざ高いのを買ったのには理由があります。
それは引っ越しの料金が比較的安く済んだからです。
私が予定していた金額よりも大幅に安くすることができたのは、実はインターネットを使ったんです。
インターネットでは引っ越しの一括見積もりができるサイトがたくさんありますが、その中から1つ見積もりを依頼すると、複数の業者さんから見積もりの返事が来ます。
そして、少し価格の交渉をしていくとどんどん金額が安くなり、予定金額よりもずいぶん安く引っ越しができるようになりました。
引っ越しって別にものを買うわけではないので、こういうのは安いに越したことはありません。
ですから、今回浮いた予算で、その分、ご近所さんに配る挨拶まわりの品を良いものに換えることができました。
明日は、新しいところでも皆さんに挨拶に行きます。
喜んでもらえるといいな。

引っ越しの単身パックを初めて利用する!

今回の引っ越しは、初めて単身パックというものを利用してみようと思う。
引っ越しの日取りは、繁忙期真っ只中。
これはもう避けようがなかった。
時間くらいはどこでも良いから、少しでも安くなりそうな時間帯をお願いしたけどどこも同じだった。

ギリ空いてる時間帯にねじ込んでもらって、晴れて契約成立。
繁忙期って、こんなに大変なのか。
単身パックは料金の安さや手軽さが売りだけど、それでも繁忙期と閑散期では料金が違う。
一万円以上変わってくるので、できることなら閑散期を選びたい気持ちはある。

気分転換や趣味で引っ越しをするということなら、閑散期を選ぶこともできる。
でもあいにくそういう趣味は持ち合わせていない。
進学や転勤に合わせれば、多くの人が引っ越しは繁忙期にせざるを得ないと思う。
そうか、だから繁忙期というのか。

移動距離によっても料金に違いがあるとは、近くの転勤だったらラッキーと思うしかない。
遠方への転勤で手当ても出ない場合、もう引っ越しの料金は不運と思うしかない。
それでも、単身パックを選んだのだから通常よりは遥かに安い金額で引っ越しができる。
今回、自分が不運だからといってあまり他の人を羨ましく思うのはやめよう・・。

引っ越しが急ぎの場合

引っ越しを急ぎでしなければならないときすぐに見積もりをして早く契約をしてしまいたいと思うところですが少しそこでストップです。

大手の引っ越し業者に依頼してすぐに決めようとする前に、まずは一括見積を取ってから引越し業者を決めても間に合います。

なぜなら一括見積サイト【http://www.kapusaishin.com/】を通じて申し込みをすればすぐに電話がかかってくるのですぐに手続きを始めることができます。

まずはその複数の業者の中から2か3社ほどを絞り込み、訪問見積もりをしてみてもらいましょう。

業者の営業の人も一括見積サイトを利用して申し込みをしていることを知っているので、相場からあまりにも離れた金額を出してくるということはあり得ませんしそれが安く引っ越しをする秘訣でもあるからです。

どんなに引っ越しが急ぎでも料金の交渉と比較は絶対にしておくべきことなのです。

出来るだけ引越し費用を安く抑えて、浮いたお金をまた別の事に使いたいですよね。

他の業者の見積もりの金額を例に出しながら、値引き交渉をしていくとこちらに有利な仕方で値引き交渉を進めることができますね。

もちろんオプションやどこまでサービスがあるのかなどは業者によって違うので、自分の満足するサービスを比較しながら業者を決めていきたいです。

コストパフォーマンスが高い引っ越し業者は?

引越し業者の人気ランキングを調べてみました。
同じ引つ越し業者でも、担当者によって良かったり、悪かったりしますが、営業の対応や作業内容、値段、総合満足度などからランキングをしてくれているサイトを見つけました。
そこで、総合満足度が2012年からずっと1位なのがアート引越しセンターでした。
アート引越しセンターについで、ありさんマークの引越社、サカイ引越しセンターの満足度が高かったです。
満足度はアート引越しセンターが1位でしたが、私の中で1番重要なのは、コストパフォーマンスランキングです。
2015年のコストパフォーマンスのランキングでは、アート引越しセンターは10位、サカイ引越しセンターは8位、ありさんマークの引越社は4位で、なんと1位は赤帽という引っ越し業者でした。
赤帽は、3年連続でコストパフォーマンス1位を獲得しており、荷物がすくなかったり、簡単な引越しならとても安くてオススメです。
家族での引っ越しになると、荷物が多くなり、大きいトラックが必要になるので、その場合は、赤帽ではトラックが小さいかもしれません。
どういう条件が良いかによって、選ぶ引っ越し業者が決まると思いますが、私は安ければ良いので、次、引っ越ししようと思った際には赤帽に頼もうと思います。

友達に引っ越し見積もりをすることをすすめました

今度友達が引越しをします。
旦那さんの実家の別棟に住んでいたのだけど、姑さんとの折り合いが悪くなって、やはり別の家に住むことにしたのだとか。
有名私立の幼稚園に通わせるにはそこに住んでいては無理ということも大きな要因だったみたいだけどね。
それで引っ越しをするのに、どこの業者がいいかな、と相談されて。
私は絶対複数の業者に見積もりしてもらったほうがいいよ、とすすめました。
友達のおうちは会社経営しているようなうちなので、絶対足元をみられるはずだから、高い値段を言ってくると思うんだよね。
だから複数に競わせたほうが絶対に安くなるはずだし。
友達は一括見積もりのことをしらなかったので、教えてあげました。
自分で複数の業者に連絡しなきゃいけないと思っていたので、それは面倒だな、と思っていたらしい。
そのかわり、じゃんじゃん電話かかってくるから、それは覚悟しておいたほうがいいよ、と言っておきました。
そういう私も一括見積もりは利用したことがないんだけどね。
じゃんじゃん電話がかかってくる、というのを知って、ちょっと躊躇しちゃったんだよね。
友達ももしかしたらそれが嫌で、一括見積もりはしないかもしれません。

調べて分かる、引越し代金の大体の金額

1番早い話は、一括見積もりを頼むことが、引越しで大事なことだと思いました。
でも、そもそも、繁忙期やオフシーズンでも価格は変わってくるので、そこも大事。
急いでいないなら、5月から7月、10月や11月などが、ベストかもしれない。
曜日は平日がいいと思いますが、時間帯も大事になってきます。午後から夕方に。
そして、知らないといけないのは移動距離でしたが、自分は今回、100km程。
他には、荷物がどれくらいあるかや金額はどこまで出せるかによるのでしたから。
家族3人でなので、引越し代金の大体の金額は、いくらくらいが目安か。
そうすると、9万円から10万円の間らしいのですが、もっと詳しく調べてみる。
「引越し価格ガイド」や「引越し侍」などは、たくさんの業者から選んでくれる。
もしかしたら、9万円以下の業者は、他にもたくさんあるかもしれないと思いました。
面倒だからとか、キャンペーンでお安くと言われても、それは手かもしれない。
価格を比較したら、他にもそれ以上に安いところがあるかもですが、荷物の量は?
3人なので高い、とは思い込みで、大手や地域に密着したところでも、必ずある。
ある程度の予算を決めて、一括見積もりで訪問見積もりを頼む際、まずは1ヶ所1時間の間を取っておく。
それから、慎重に何ヶ所か選んで、引越し代金が自分に合った場所を探そうかな。